マゼコゼ紹介企画

マゼコゼ紹介企画

エンタメや商品、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

イギリスにてロイヤルベイビー誕生!【王位継承について】

5月6日の早朝に、英のヘンリー王子とメーガン妃との間に
第一子となる男の子をが生まれました。

6日早朝、夫妻の第1子となる男の子を出産した。

ヘンリー王子がテレビカメラを前に発表した。

母子ともに「とても健康」という。


ヘンリー王子はウィンザー(Windsor)で記者団に対し、「母子ともにとても健康。想像し得る最高の体験だ」と喜びを語った。

バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)によると、

王位継承順位7位となる男児は同日午前5時26分(日本時間午後1時26分)に誕生し、体重は約3260グラム。

王子夫妻は、ロンドン西郊のウィンザー城(Windsor Castle)敷地内にある新居フログモア・コテージ(Frogmore Cottage)での自宅出産を選んだとされる。

ヘンリー王子は、出産に立ち合った体験について率直に語り、「妻をとても誇りに思う。どんな父親、親でも言うように、自分の赤ちゃんは本当に素晴らしい。天にも昇る心地だ」と述べた。

By AFP BB NEWS

従来の出産とは違ったところ。

それはロンドンで出産しなかったということです。

これまでロンドンにあるセントメアリー病院のリンド病棟では、彼の叔父であるウィリアム王子が生まれた場所でもあり、ウィルのケンブリッジ公爵ケイト、5歳の王子ジョージ、4歳の王女シャーロット、1歳のルイ王子も一緒に生まれました。

しかし今回の出産場所は、おそらく自宅のフロッグモア・コテージでの出産ではないかと考えられています。

また自宅のフロッグモアが出生地だった場合、祖母エリザベス2世女王が1948年から1964年の間にバッキンガム宮殿またはクラレンスハウスで彼女の4人の子供を出産して以来、王室にとって初めての自宅での出産になります。


そして気になる名前ですが.....

ヘンリー王子は赤ちゃんの名前の公表を水曜日に行うとしました。
By USA TODAY


出産のニュースと合わせてイギリスの王位継承についても書いていきます!

 イギリスの王位継承について。

王位継承の条件

・ステュアート家の血を引いている者(ハノーファー選帝侯妃ゾフィーの子孫)に限る。

・継承者は国王の直系子孫。2011年10月28日以降に生まれた者は、性別を問わずに長子先継(第一子→第一子の子孫→第二子→第二子の子孫→……の順)。2011年10月27日以前生まれの者については改正前の男子優先が適用される。

・ プロテスタント信仰であること。王位継承後イングランド国教会・スコットランド国教会に帰属すること。

・カトリック信徒、カトリックに転向した者は継承権を喪失する。

・ 非嫡出子は継承権が与えられない。

By Wikipwdia

この条件を踏まえて現在の王位継承の順番を見てみましょう。

現在6位のヘンリー王子のご子息ということで
今回産まれた赤ちゃんが
次いで7位に王位継承を継ぐ資格を得たということになります。

カトリック教徒や未婚のまま出産した場合などは継承できないんですね。


イギリス王室で赤ちゃんが産まれたというニュースとイギリスの王位継承についての記事でした。

まずは母親のメーガン王妃の体力回復と赤ちゃんが元気に育ってくれると良いですね!

以上になります。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。