マゼコゼ紹介企画

マゼコゼ紹介企画

エンタメや商品、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【ジョンワッツ監督】MCU作品最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の見どころを予想!

Photo by Spiderman Movie 

 

MCU作品最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』公開間近!!

つい先日まで世界中で大盛り上がりを見せていた、マーベルヒーローシリーズ最新作の『アベンジャーズ/エンドゲーム』

 

その熱気の冷めやらぬ内に、MCUから23作品目となる最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が2019年6月28日に公開されます。

 

~注意~

どの予告も『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレを含みます。

未視聴の方は『アベンジャーズ/エンドゲーム』を先に見ることをお勧めします。

 

地域にもよりますが、まだ『アベンジャーズ/エンドゲーム』を

公開している映画館もあるので、

未視聴で最新作をみようかなと思ってる人は

ぜひそちらもチェックしてから行くといいでしょう!

 

~15秒予告~

www.youtube.com

最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』はなんと、日本が世界で1番最初に公開されます!!

 

今回の作品はMCU作品としては23作品目、『スパイダーマン』の実写映画シリーズとしては7作目の作品でジョンワッツが監督を務めました。

 

ジョンワッツ監督はどんな人なんでしょうか?

調べてみました。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の監督、ジョンワッツって?

 

ニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・アーツ卒業。

ブルックリン在住のフィルムメーカーを中心としたグループ「ウェイバリー・フィルムズ」の旗揚げに参加する。

2010年、同窓生で同グループの共同創立者クリス・フォードとともに、「イーライ・ロス製作総指揮」と無断でうたったホラー映画のフェイク予告編を制作し、YouTubeに投稿。

 

すると2日後、ロス本人から連絡がありロスのプロデュースで実際に長編映画化することが決定、14年に長編映画デビュー作「クラウン」として発表した。続くスリラー「COP CAR コップ・カー」(15)もサンダンス映画祭で注目を浴び、マーベルとソニーの提携によりリブートされる新「スパイダーマン」(17年全米公開予定)の監督に大抜てきされる。

By 映画.com

2014年にデビュー作品「クラウン」を発表し、
前作の『スパイダーマン:ホームカミング』の監督を務めた新鋭気鋭の人物です。

 (デビュー作品「クラウン」↓)

 

そんなジョンワッツ監督が完成させた最新作を、
予告からどこがポイントなのかを予想してみます!

 

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の予告を見て内容を予想!

www.youtube.com

時系列としては『アベンジャーズ/エンドゲーム』後のストーリーです。

 

下記予告ではピーターパーカー役のトムホランドがネタバレ注意喚起をしてくれていますね。笑

www.youtube.com

 

最新作の見どころ

① 新しい仲間と敵

② ピーターパーカーの心境の変化

③ スパイダーマンのヒーローとしての立ち位置

②と③は連動しているところもあるのかなとは思います。

1つずつ見ていきましょう!

新たな仲間と敵

予告を見ていると異次元から来た”ベック”と名乗る人物が新しく仲間になるようです。

 

水晶玉のような物を頭に被り、鎧を纏って手から何かを発しています。

インパクトのある風貌ですね。

緑のエネルギー(?)を両手から出しているのは『ドクター・ストレンジ』っぽい。

能力は予告では未知数です。

マーベルコミックスを読んでいる人ならわかると思います。

詳しく知りたい人はこちら。 

 

敵はベルリン、ヴェネツィア、ロンドンに突如として現れたとのこと。

水や炎などを纏っていたり、姿形や大きさが異なっているので何種類か存在するのか、もしくは一体が様々な能力を持っているのかもしれません。

 

敵について知りたい人はこちら

ピーターパーカーの心境の変化 / スパイダーマンの立ち位置

ピーターパーカーが学校で所属している”学力コンテスト”の部活メンバーと旅行に行く予定を立てています。

前作の『スパイダーマン・ホームカミング』でもストーリーの中で出ていましたね。

 

予告の中で

「好きな子と夏休みを満喫したいんだ」

 という学生として「したいこと」があるようですが 

 ニック・フューリーからは「やるべき事がある」と言われます。

 

ピーターパーカーの若者としての気持ちと
「スパイダーマン」というヒーローとして
大切にしなければならないことが
ぶつかり合ってしまうのではないかと思います。

 

スパイダーマンは”隣人”だと言うピーターパーカーですが、

エンドゲームでは世界どころか宇宙を越えて戦いました。 

 

若く未熟なヒーローですが、ピーターパーカーが成長するにつれて、スパイダーマンも”隣人”としての役回りを終え次のステップに進むのではないでしょうか。

 

ヒーローとしてどんな進歩を遂げるのか。

楽しみですね!!

 

まとめ

 今回はMCU最新作の映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』についての記事でした。

 

MCUフリークの人たちはもちろん、アクションが好きな人は楽しめる映画になっているんじゃないかと思います!

 

『アベンジャーズ/エンドゲーム』をみて前作の『スパイダーマン:ホームカミング』をみて最新作を見に行きましょう!

 

www.spiderman-movie.jp

 

 前作はこちらから ↓

 

・・・・・・

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

今回はこの辺で失礼します。

 

これからも好きなものや商品の紹介をしていきますので、

マゼコゼ紹介企画

よろしくお願いいたします。

 

では、また~。

 

※ブックマークとか読者登録とかフォロワー登録してくれると喜びます 。


私見雑記記事

ラベリング理論】無敵の人について思うこと。【レッテル貼り】

【私見】ゆとりブロガーが書く!"ゆとり"について。【平成生まれ】

 【鬱私見】自分の人生について思ってること【ネガティブ注意】

"すなまめ"の幸福論? 若者の〇〇離れの要因とは? 花粉小話付 

 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング