マゼコゼ紹介企画

マゼコゼ紹介企画

エンタメや商品、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【三毒史】椎名林檎、ニューアルバムから「鶏と蛇と豚」の動画を公開【AyaSato】

f:id:sunamame:20190701194218j:plain

椎名林檎が約5年となるニューアルバム【三毒史】より「鶏と蛇と豚」のミュージックビデオを公開しました。

Photo By 三毒史特設サイト

www.youtube.com

ミュージックビデオは児玉裕一監督が手がけた。

【児玉裕一監督のコメント】
ふたりの虚無僧が東京タワーで女と出会った夜。
女が行き場のない気持ちを抱きながら六本木を歩いた夜。
ある男女が銀座で待ち合わせた夜。
男が不思議なトンネルに迷い込んだ夜。
そんな夜の、ほんのちょっと前に東京で起こった出来事を映像にしました。
マジ卍
【特設ページのコメント】
「鶏と蛇と豚」は新作アルバム『三毒史』の舞台設定を紹介するべく書き下ろされたオープニングトラック。

アルバム・タイトルに用いた三毒とは、仏教において克服すべきとされる煩悩を意味する、“むさぼり”、“いかり”、“おろかさ”

般若心経の読経と共にDJ大自然のスクラッチとシンフォニックな管弦打楽器が風雲急を告げる。


圧倒的な密度を誇る演奏と無機質な歌声による「鶏と蛇と豚」は、現世へと通ずる門で毒のように甘い禁断の蜜を貪り、己の五感に絶対的な確信を抱く生者のモノローグ。(ライナーノーツより)

By UNIVERSAL MUSIC JAPAN Official WEB site

椎名林檎の世界が全面に押し出された曲となっており、
振り付け師のAya SatoがMVに出演しました。

Aya Satoとは。

Aya Bambiというダンスユニットの1人です。

AyaBambiはその独特の世界観で国内のみならず世界的に注目を浴びている日本のダンスユニットで、振り付け師・プロデューサー兼ダンサーのAya Sato(アヤ・サトウ)とダンサーのBambi Naka(バンビ・ナカ)の女性2人からなります。

その活動はダンスシーンにとどまらず、アート、音楽、ファッションシーンにまで及び、その個性的なルックスとファッションセンスでMVやCM、広告、雑誌、ファッションショーなどで非常に高い人気を集めました。

また、この2人はレズビアンカップルとしても知られており、一時期は事実婚のような状態が続いていました。

しかし2人の写真が投稿されなくなり、現在はお互いにソロとしての活動をされるようになっています。
そして2018年の8月には、Bambi nakaが単独で事務所(TWIN PLANETS)に所属することになり、ダンサーとして引退し芸能活動に専念することを発表されました。

By Dews

Aya Satoさんは近頃、活動をされていないのか
ファンの間で心配する声が上がっていましたが
今回のMVで姿を見れて安堵や待ちわびたような
コメントも多く見られました。

ニューアルバム「三毒史」について。

【三毒史】
令和元年 五月二十七日(月) 発売


これは令和元年東京で椎名により観測/記録された
真新しい Akashic Records -宇宙の記憶-である。


前作『⽇出処』より、じつに五年振りとなる新作が完成。


多彩なゲストボーカリストたちが、⼊れ替わり⽴ち替わり
それぞれ無⼆の魅⼒を放つデュエットアルバムでもある。


この件を含め、本作に於ける椎名の作家としての態度は、
終始好戦的で「毒」を冠するに相応しい内容と⾔えよう。


腕利き演奏家への当て書きにも、今回益々精を出しており
管弦楽や合唱などの⼤編成も久し振りに⾃ら書いている。

By 三毒史特設サイト

ゲストボーカルが多数共演するという今回のアルバム。
楽曲一覧も記載します。

<収録曲タイトル / アーティストクレジット>

  1. 鶏と蛇と豚  椎名林檎
  2. 獣ゆく細道  椎名林檎と宮本浩次
  3. マ・シェリ  椎名林檎
  4. 駆け落ち者  椎名林檎と櫻井敦司
  5. どん底まで  椎名林檎
  6. 神様、仏様  椎名林檎と向井秀徳
  7. TOKYO  椎名林檎
  8. 長く短い祭  椎名林檎と浮雲
  9. 至上の人生  椎名林檎
  10. 急がば回れ  椎名林檎とヒイズミマサユ機
  11. ジユーダム  椎名林檎
  12. 目抜き通り  椎名林檎とトータス松本
  13. あの世の門  椎名林檎

エレファントカシマシの宮本浩次

ZAZEN BOYSの向井秀徳がコラボする楽曲

ウルフルズのトータス松本

東京事変メンバーの浮雲

他にも東京事変元メンバーのヒイズミマサユ機、
ロックバンドBUCK-TICKのボーカル、櫻井敦司ともコラボ!

名作アルバムとなる予感しかしません。
発売が待ち遠しいですね。