マゼコゼ紹介企画

マゼコゼ紹介企画

エンタメや商品、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【HUAWEI完全終了か】GoogleがHuaweiのスマホへのソフト提供を停止

トランプ政権によるファーウェイへの禁輸措置を巡ってグーグルがファーウェイに対してスマホ向けのソフト提供を停止しました。

ファーウェイは、グーグルのスマホ基本ソフト(OS)「アンドロイド」更新版を使用できなくなります。

ファーウェイのスマホ事業の足かせとなることでしょう。

グーグルの広報担当者は声明で
「(米政府の)命令を順守し、その影響を確認している。既存のファーウェイ製品では、グーグルのアプリ配信サービスなどは機能する」と説明しました。

By livedoor News

これによりファーウェイは、グーグルのアンドロイドシステムの最新版にアクセスできなくなり、同社の中国国外のスマホ事業に打撃が及ぶ恐れがあります。

ファーウェイのアンドロイド版スマホの次のバージョンも「Google Play ストア」や「Gmail」などの主要サービスにアクセスができなくなります。


関係筋は「ファーウェイはアンドロイドの公開バージョンのみ利用することができ、グーグルが特許権を持つアプリやサービスへのアクセスが不可能になる」ということでした。

米商務省は16日、米政府の許可なく米企業から部品などを購入することを禁止する「エンティティーリスト」にファーウェイと関連68社を正式に追加しました。


ファーウェイは引き続き、無料で一般公開されているアンドロイド・オープン・ソース・プロジェクト(AOSP)で入手可能なアンドロイドOSにはアクセスできます。

一方、グーグルに特許権があるアプリとサービスへのアクセスやテクニカルサポートなどは停止されます。


グーグルによると、全世界のアンドロイド端末ユーザー数は約25億人。

グーグルの大半のモバイルアプリは中国国内で禁止されており、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)や百度(バイドゥ)などが代わりのアプリを提供しています。

そのため、中国市場での影響は限定的とみられるようです。

By REUTERS

このHuawei排出の動きによって
米中間の関係はより悪化することでしょう。

なぜHuaweiはダメなのか

これには様々な憶測が飛び交っています。

日本国内でも報道されたことがあるのですが
Huaweiのスマホには
「余計なもの」が紛れ込んでいるようです。

情報を抜かれてしまう恐れがあるというですが
報道に関しては誤報とされました。

ではなぜHuaweiは締め出しを食らっているのかというと

「設立者が人民解放軍出身だから」

です。

ファーウェイの創設者「仁正非」さんは元軍人出身のためアメリカは警戒をしていました。

HuaweiにNSA(アメリカ国家安全保障局)をスパイとして送り込んだ結果、企業や個人の情報を狙っていることが明らかになり2014年からアメリカはファーウェイの製品を使用禁止にしたのです。

ニュースを受けて。

私はHuaweiのユーザーでバックドアなどの情報漏えいは不安ではありましたが、コストパフォーマンスが高いので使用していました。

しかし、最新版のアンドロイドやGoogle Play、Gmailが使えなくなると話は変わってきます。

今回を機に新しいスマホに買い替えることにします。

ただ先日最新作のP30シリーズが販売されたこともあって非常に残念ですね。

安全が確認されたらまた使っていきたいです。