マゼコゼ紹介企画

マゼコゼ紹介企画

エンタメや商品、サービスなど様々なものを紹介するブログです。

【実用書感想】”超一流の雑談力”を読んだので簡単に紹介します【Kindle】

どうも、すなまめ(@sunamame06)です。 

 

今まで小説ばかり読んでいたのですが、

 

実用書を読んでみたので内容と合わせてご紹介していきたいと思います。

 

 

今回、読んだのはこちらです。

 

 超一流の雑談力 「超・実践編」

 

2016年上半期ビジネス書1位、シリーズ累計50万部を突破した「超一流の雑談力」の続編です。前作を読んで、「もっと知りたい!」「こんな悩みがある!」と、実際に読者のみなさまや企業などから聞かれた要望の多かった箇所を中心に取り上げ、内容を一新した完全新作です。
ボリュームも、密度も、実用性も大幅にアップしたパワーアップ版。「最強の雑談本」として著者、スタッフが自信を持ってお送りする1冊です。

(Amazon 商品ページ引用)

 

プライム会員だと無料で読める書籍でした。

 

プライム会員についてはこちら↓

 

www.mazekoze-syoukai.net

本の内容を簡単にご紹介。 

 

雑談の中にもプランや目的を持つことが大切。

 

例えば

「相手の置かれている状況が知りたい」

「プライベートのことを知りたい」

などをゴールを意識すること

 

そうすると会話中のキーワードを拾いながら目的へ近付くことが出来ます。

 

伝えたい事、引き出したい事、オチや結論ありきで話を展開すると話が広がりやすいとのことです。

 

出来る人は雑談からビジネスチャンスを掴んでいくのかと驚きました。

自分は営業職ではないですが私生活でも活かせそうですね。

 

 

会話で重要なのは「タテ」と「ヨコ」

 

タテは会話の深さ、ヨコは何の話題かです。

雑談における面白いは「笑いではなく興味を惹くこと」です。

 

横に広げながら食いつくものを探していき、ヒットした話題でタテに深堀していきましょう。

 

相手の印象にも残りますし、引き出したい情報も拾える可能性があります。

 

ただ、知らない話題は知ったかぶりせず、興味のあるように質問などをしましょう。

相槌のさしすせそ

さ=さすがですね

し=知らなかったです

す=すてきですね

せ=センスがいいですね

そ=それはすごいですね

 

初対面の人との会話でイメージしたらうまくいきそうですね。

相槌のさしすせそは、相手を立てることができそうです!

 

「そうですね。」は会話を止めてしまうので極力避けること。

 

自分の意見も述べたり、オウム返し+質問で流れを止めないようにしましょう。

 

「そうですね」ばかりの相槌だと本当に伝わっているのかがわからないのでこれは実践していきたいですね。

 

 

雑談から本題へ入るときは会話の流れを切らないようにする。

 

それで本題なのですが....

ではなく、「今の話で思い出したのですが」や

「お話を伺っていてお力になれると思ったのですが」

など自然に本題に入れるフレーズを用意しておきましょう。

 

話を聞いてもらうコツ。

 

「ポイントは3つあります」

とポイントの予告をいれることで思わず聞き入ってしまうようにする。

 

あらかじめ何についての話なのか伝える。

 

これは雑談というより本題に入った時に使用するものだと思いますが、効果は期待できそうですね。

 

実際に自分が聞き手の場合は聞きやすい気がします!

 

まとめ

 

今回は、本の内容をかるくご紹介しました。

 

まだまだ、盛りだくさんの内容となっています。

 

実践編とのことなので、実際に試して効果のありそうものが多かったです。

 

初めての実用書でしたがなかなか面白かったので他の本も読んでみたいと思います。

 

 

良ければ皆さんも読んでみてくださいね!!

 

 

 それでは、今回はこの辺で失礼します~~

 

これからも好きなものや商品の紹介をしていきますので、

マゼコゼ紹介企画

よろしくお願いいたします。

 

では、また~!!

 

※ブックマークとか読者登録とかフォロワー登録してくれると喜びます 。

 

 

過去記事☟

sunamame.hatenablog.com

www.mazekoze-syoukai.net

www.mazekoze-syoukai.net

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


買い物・ショッピングランキング